関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/9/25

『通電火災』気を付けて 台風シーズン注意 

Ray of light

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。
避難する時はコンセントを抜いて、ブレーカーを落として避難しましょう!

台風シーズンの到来を受け、郡山地方消防本部は「通電火災」への注意を呼び掛けている。

通電火災は、台風や地震などによる停電から復旧した後、水にぬれたり、破損したりした電気機器などに電気が通ることで出火してしまう火事。

同消防本部は「避難する際は必ずブレーカーを落としてから避難してほしい」と注意を呼び掛けている。  

同消防本部によると、昨年の台風15号で停電が発生した千葉県でも「通電火災」とみられる火災が起きたという。通電火災を防ぐためには、停電中に〈1〉電気機器の電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く〈2〉避難する際や停電中に自宅を離れる際は、ブレーカーを落とすこと―が重要という。  

また停電から復旧した後も、浸水被害などにより電気機器や配線などが破損したり、ぬれたりしていないか十分確認する必要があるという。同消防本部は「通電再開後、しばらくしてから通電火災が発生する場合もある。電気機器を使用中に異常な発熱や煙、焦げた臭いがした場合はすぐに119番通報してほしい」としている

みんゆうNetより引用https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200925-540219.php


♦♢大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♢♦

関連記事

旅行先での被災に備える スマホに頼り過ぎないための5カ条

2020/9/11

Ray of light

イオン、東京都と「災害時における支援協力に関する協定」を締結

2020/7/9

台風に便乗、トンデモ「リフォーム業者」の実態

2021/5/28

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール