関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

過去5年間の災害支払保険金総額は大阪府の年間予算並み 

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。

近年の災害の増加で、支払保険金総額がすごい金額になっています。火災保険保険料の値上がりもやむを得ない状況なのがわかりますね、、、

引き続き、いざという時にしっかりお客様をお守りすることができる保険のご提案に努めてまいります。

ソニー損害保険(ソニー損保)は、過去5年間に日本損害保険協会が発表した「主な風水災等に係る火災保険支払い保年金総額(見込含む)」と「近年の地震等による支払保険金調査結果」をもとに作成した日本全国の自然災害・地震の発生状況に関するインフォグラフィックの2016~20年版を公開した。

過去5年間の主要な風水災や地震などに関する支払件数、支払保険金は、総計で約259万件の支払いがあり、総額は約3兆1889億円となっており、大阪府の年間予算に迫る規模に達している。中でも大きかったのは、18年の約1兆4950億円で、日本損害保険協会による統計が始まって以降、最大の支払額となった。    

災害別では、18年9月4日に日本に上陸して関西地方を中心に全国的な被害をもたらした「平成30年台風21号」が支払金額と件数ともに大きかったという。地震では、2016年度の「平成28年熊本地震」が約3773億円と、風水災などを含め、4番目の規模となっているとのことだ。  

都道府県別では、大阪府の支払額が6541億円で最も多く、「平成30年台風21号」と同年6月の「大阪府北部を震源とする地震」による被害の影響が大きい。次いで、「平成28年熊本地震」の被害が大きかった熊本県の約4048億円、「令和元年台風15号」の被害が大きかった千葉県・神奈川県・東京都が続く。  支払額が最も小さかったのは、島根県の約16億円。香川県(約30億円)、高知県(約39億円)、青森県(約40億円)、山形県(約43億円)が続いており、中国・四国地方や東北地方のうち、台風被害が少なかった都道府県で少ない傾向がみられた。    

集計対象の主な風水災や地震は20件で、そのうち保険金の支払額が1億円以上となった災害が何回発生しているかを、都道府県別に集計したところ、最も頻度が低かったのが沖縄県(3回)で、秋田県(5回)、島根県(5回)がそれに続いている。    

頻度が高かったのは、福岡県(13回)、大阪府(12回)、京都府(12回)で、日本列島の西側の地域で大規模な自然災害の発生が多かったことが明らかになった。

Yahoo!ニュースより引用https://news.yahoo.co.jp/articles/a8719502e3a9f05f2d0e6366498c08ec01527072

関連記事

  • 石川・輪島市で震度5強 一時断水の地域も

  • 災害時の車中泊「場所、十分確保」5市のみ 対策遅れ浮き彫り

  • 脱線についても進化していた東海道新幹線 その新兵器とは

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険