関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/8/7

緊急地震速報、誤報。原因は「過大な推定」

Ray of light

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。
誤報といえども、なにもなかったらそれでいいのかなあとも思いますが、誤報ばかりでどうせまた、と慣れてしまって、本当の地震の時に対応が遅れるというのが一番怖いですよね。
精度の向上を願います。

7月30日9時38分、関東甲信越、中部、東北という広い範囲で、緊急地震速報が配信された。  

地震は、9時36分ごろ、鳥島近海を震源として、マグニチュード5.8(速報値)という規模で発生していた。しかし、気象庁によれば震度1以上は観測されておらず、結果的に、緊急地震速報で警戒を呼び掛けるような規模の大きな地震ではなかった。  

気象庁では、今回の緊急地震速報の配信について「緊急地震速報処理において、本来の震源と異なり、房総半島南方沖に震源を決定し、マグニチュードを7.3と過大に推定したため」と説明している。今回の処理では、実際の震源地から約450km離れた場所での発生と推定された。

■記者説明会での説明

同日11時半から開催された記者会見で、気象庁の担当者は、震源が本来異なる場所となったことについて、「緊急地震速報は短時間で発表する。その処理で使うデータが、たまたまこちらだった。現在の手法だとこうなる」と述べ、現在の処理プロセス上、そうなってしまうと説明する。  気象庁では精度の向上に今後も努める方針。

ただし、同じ現象が発生すれば、今回と同じ速報の配信になってしまう。「(改善の方向は見えているのか? という問いに)正直悩んでいる。改善の方向があるのか、しっかり調べたい」とした。  

今回の地震で、緊急地震速報の発出(第5報)に活用されたデータは、母島にある観測点で得られたもの。そのデータ自体は異常なものではなかったが、結果的に誤まった判定に繋がった。  原因のひとつとして、現時点で考えられるのは、観測点が陸地上に限られること、今回、地震が発生したエリアは観測点が一列に並ぶような場所であることから、推定が難しい地域だと担当者。会見までに確認されたデータによれば、複数の地震が重なって検知されたわけではないという。  

気象庁の担当者は「国民の皆さまには多大なご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。真摯に受け止める。改善はすぐできるか、簡単には答えられないが、しっかり調べて活かしていきたい」とした。

Yahoo!ニュースより引用https://news.yahoo.co.jp/articles/fb6a14192a757effb0646da26669a47df99561dd

♦♢大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ。 ♢♦

関連記事

Ray of light

危機対応に成功した企業がしていること

2020/3/12

TikTok×気象庁 行政機関と連携して防災知識を発信していく「防災TikTok」誕生

2020/4/14

BCPとは?ーBCPには企業向け火災保険や企業向け地震保険が大きな役割を果たしますー

2021/6/18

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール