関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

週刊地震情報 2020.8.16

こんにちは。株式会社Ray of lightの木村です。

2020.08.16の週刊地震情報です。


日本では9日間、震度3以上の地震発生なし


この1週間、日本で震度3以上の揺れを観測する地震は発生していません。最後に観測したのは6日(木)の茨城県沖を震源とする地震で、15日(土)までの9日間、発生なしが続いています。

2020年の上半期は5月の32回を筆頭に、震度3以上の地震が多く起きていましたが、下半期に入って回数は減少し、7月は2月以来の一桁となる9回、8月は現段階で2回のみです。

このような多い時期と少ない時期は程度の差こそあるものの、どの年にも見られ、何らかの前兆を示唆するような現象ではないと考えられます。

国内:千葉県東方沖で地震が頻発

千葉県東方沖では13日(木)に地震が頻発しました。11時35分にマグニチュード4.4、最大震度2の地震が発生し、12時52分と13時41分にも相次いで発生しています。13日(木)の地震はいずれも震源の深さが約60kmです。

今回の地震と非常に近い所では、1987年12月にマグニチュード6.7の地震が発生し、千葉県銚子市や千葉市、勝浦市で震度5(当時の階級)の強い揺れを観測しました。当時は震度の観測点が少なかったため、震源に近い地域ではさらに強く揺れていたと考えられます。この地震では建物の被害が大きく、死傷者も出ています。

14日(金)以降は目立った活動が見られないものの、少し注意しておく必要がありそうです。


世界:タンザニアの沖でM6.0の地震


 アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は1回発生しています。最も大きなものは13日(木)にアフリカ・タンザニアの沖で発生したマグニチュード6.0の地震です。比較的陸地から近い震源ではありましたが、大きな揺れにはつながらず、被害は確認されていません。

今回の震源付近はプレート境界から遠く、地震が少ない地域です。アメリカ地質調査所に残る記録で、この地域でのマグニチュード6.0は最大規模です。

タンザニアの内陸部は「大地溝帯」が通っており、マグニチュード5〜6の地震が時々発生します。日本のような地震国と違い、巨大地震がないため備えが脆弱で、マグニチュード6に満たないような地震でも被害に見舞われています。最近では2016年9月10日に起きたマグニチュード5.9の地震で、10人以上の死者が出ました。


♢♦大阪で企業向け地震保険は株式会社Ray of lightへ♦♢

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険