関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/6/29

週刊地震情報

こんにちは。株式会社Ray of lightの木村です。
今回から毎週、ウエザーニュースの週刊地震情報をご紹介しようと思います。
大地震はいつ起こるかわかりません。日頃から地震情報を気にして、備えましょう。


この1週間で、国内で観測された地震1回だけです。地震の発生は東日本、北日本で目立ち、西日本は少ない傾向となっています。(6月22日~28日10時の集計)

国内:震度5弱以上の地震は今年2回目

25日(木)4時47分頃、千葉県東方沖を震源とする地震が発生しました。地震の規模を示すマグニチュードは6.1で、千葉県旭市で最大震度の5弱を観測。千葉県銚子市や印西市、茨城県取手市などで震度4、東京都心や横浜市を含む、関東の広い範囲で震度3の揺れを観測しています。

今年、震度5弱以上の揺れを観測するのは、3月13日に石川県能登地方で発生した地震以来、2回目。関東での震度5弱以上は2019年5月25日の千葉県北東部を震源とする地震(長南町で震度5弱)以来です。この地震の発生に伴い、千葉県と茨城県の一部には緊急地震速報が発表されました。

気象庁は今回の地震が東日本大震災の余震活動としていますが、千葉県東方沖では2011年よりも前からマグニチュード6クラスの地震が多く発生しています。1987年にはマグニチュード6.7の地震により、千葉市などで震度5(当時の階級)、東京都心で震度4を観測し、千葉県内では死者が出るなどの被害に見舞われました。

世界:メキシコ沿岸でM7.4 強い揺れで死者も


アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は 2回発生しています

最も大きなものは、24日(水)にメキシコ・オアハカ州の沿岸部で発生したマグニチュード7.4の地震です。南北方向に圧力軸を持つ逆断層型の地震でしたが、震源が幾分、陸域にかかっていたこともあり、沿岸で70cm程度の津波が発生するに留まりました。震源付近では強い揺れに見舞われ、建物の倒壊や地すべりなどで死者などの被害が出ています。

今回の震源は、北米プレートとココスプレートの境界付で、地震が多発している領域です。2年前にはやや西の沿岸でマグニチュード7.2、3年前にはやや東でマグニチュード8.2が発生しました。

ウエザーニュースより引用https://weathernews.jp/s/topics/202006/280065/

♦♢大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ。 ♢♦

関連記事

Ray of light

「赤と白の格子模様」は津波警報…聴覚障害者らに知らせるデザイン決定

2020/2/14

Ray of light

南海トラフの事前避難地域、6割が未指定 コロナ影響も

2020/5/8

Ray of light

緊急地震速報・仕組みと課題 多くの命を守るため日々改良

2020/4/27

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール