関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

BCPの策定を急ぎましょう!!

こんにちは。ここにきて、新型コロナウィルスが猛威を奮っています。

東京都ではもう100人に一人が自宅で療養、または隔離生活をしている現状だそうです。

もう本当にひとごとではなくなってきましたね。

少ない人手で日々営業している中小企業からは、従業員が出勤できなくて会社が回らない!という話も聞こえてきています。本当にこれは大変な問題ですよね、、、

先日東京の小池都知事が発言されていましたが、大阪の吉村府知事も会見で触れていました。

これは特に災害が起きたときにはBCPを定めてくださいということはもうお願いをしてるとおりで、それぞれの企業でBCP、特に大企業を中心に定められてるところでもあります。

交通、インフラ、金融、さまざまな重要な機能がありますので、どこがどの部署でどう欠員が生じたときにどこから今度補填をして、この事業を継続するのかということについて、もうすでにあるBCP、そこをぜひ再点検してその対応をしてもらいたいと思います。  

あと中小企業、工場等ですけども、ここはBCPの率はそこまで高くなかったとは思います。計画書としてなかったとしても、これだけ実態としてもう周りで実感もされるぐらいの感染だと思います。

近くの人が陽性になったとか、誰それさんが陽性になって、その家族だからちょっと会社を休みますというのも出てきてると思いますので、計画書がなかったとしても、小さな企業であったとしても、やはりBCPというのはぜひこの機会にしっかりと検討していただいて、できるだけ事業が継続していただけるようにお願いをしたいと思います。  

とりわけエッセンシャルワーカーというか、基本的な交通とかインフラとか、社会維持機能を担ってる事業者は止まることがないように、再点検をお願いしたいと思います。ほぼ大企業が中心にはなってくるとは思います。

1月26日吉村大阪府知事の定例会見より抜粋


昨年、このブログでもBCPの重要性についてお話ししました⇩

災害時のBCPなら作成済、という企業は多いかもしれませんが、今回のような感染症への対策を事前に策定されている企業は少なかったかもしれません。

事前にシュミレーションしておくことが、予期せぬことが起こり、少ないマンパワーで会社を営業せざるを得ない際にはとても有効です。


もういつ何が起こってもおかしくない今の状況、後回しにしていた緊急時の対策を考えてみませんか。

弊社でもBCPの策定をお手伝い出来ます。ぜひご相談ください!

♢♦大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

関連記事

  • 企業のBCP策定率は17.6%、過去最高も低水準にとどまるーBCP策定に企業向け火災保険や地震保険がお役に立てることがありますー

  • BCPとは?ーBCPには企業向け火災保険や企業向け地震保険が大きな役割を果たしますー

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険