関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/2/14

「赤と白の格子模様」は津波警報…聴覚障害者らに知らせるデザイン決定

Ray of light

 海水浴中の聴覚障害者らに津波警報の発表を知らせるための旗のデザインが「赤と白の格子模様」に決まった。気象庁が13日発表した。警報が出た場合、海岸からライフセーバーらが旗を振ることを想定しており、今夏の海水浴シーズンから全国の自治体に使用を求める。

津波警報の伝達方法について、国は省令で「鐘やサイレン音で行う」と定めている。聴覚障害者に加え、一般の海水浴客も波や風の音次第では聞き取れず、逃げ遅れが懸念されていた。

同庁は昨年10月、外部有識者による検討会を設置し、オレンジ色や赤色など複数のデザインの旗を海水浴場で用いるなどして検証。その結果、船舶間で海上に危険があることを示す旗のデザインとして国際的に利用されている「赤白格子」(U旗)が遠くからも見やすく、採用を決めた。津波注意報や大津波警報も同じ旗を使う。
今年6月をメドに省令を改正する。

読売新聞オンラインより引用https://www.yomiuri.co.jp/national/20200213-OYT1T50176/

さまざまな状況を想定し、どんな人でも避難できるように準備することが大切だと感じます。

海でこの旗を見たら避難する、と覚えておきましょう。

関連記事

Ray of light

災害対応の宮崎県内企業、47%で全国トップ

2021/1/28

Ray of light

災害時の車中泊「場所、十分確保」5市のみ 対策遅れ浮き彫り

2021/4/14

もし地震が起きたら、お金はどこにどれだけ用意しておく?

2021/2/19

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール