関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/2/10

津波避難ビル・水害時避難ビル

津波避難ビル・水害時避難ビルの確保を進めています

大阪市の地形は比較的平坦であるため、津波や河川氾濫から身を守るためには少しでも早く「高い」場所(建物の3階相当以上)に避難する必要があります。
 
 大阪市では、東日本大震災を教訓として、市民の皆さんの安全を守るために、今すぐできる津波対策のひとつとして上町台地より西側の10区において、津波避難ビルの確保に取り組んできました。
 平成25年8月には大阪府より南海トラフ巨大地震の津波浸水想定結果が公表され、大阪市域では17区において津波による浸水のおそれがあることが明らかになり、新たに7区においても、津波避難ビル・水害時避難ビルの確保に取り組んでいます。
 また、津波浸水想定はないものの、河川氾濫(洪水)の浸水想定がある東部の5区においても、水害時避難ビルの確保を進めています。


「津波避難ビル」確保の対象区:福島区、此花区、西区、港区、大正区、浪速区、西淀川区、淀川区、住之江区、西成区、北区、都島区
  「水害時避難ビル」確保の対象区:中央区、旭区、城東区、鶴見区、住吉区、東淀川区、東成区、生野区、東住吉区、平野区

大阪市ホームページより引用https://www.city.osaka.lg.jp/kikikanrishitsu/page/0000138173.html

↑のリンクで避難ビルが区別に掲載されていたので、大阪市の方はぜひ確認してみてください。

関連記事

Ray of light

「南海トラフ地震とは異なる」和歌山で震度5弱

2021/3/16

Ray of light

熊本豪雨

2020/7/8

Ray of light

地震・水害 その時あなたは? コロナ時代 防災意識も変革を

2020/5/11

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール