関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。

私は歴史が好きで、大河ドラマも毎回見ています。

大河ドラマと地震にまつわる記事を見つけたのでご紹介します。

永仁鎌倉地震 権謀の府の屋台骨を揺るがした大地震

NHK大河ドラマ、『鎌倉殿の13人』を視聴されている方も多いのではないでしょうか。

ご存じのように、鎌倉は源頼朝が本拠とした日本最初の武家政権、鎌倉幕府の本拠地ですが、勇猛果敢な鎌倉武士に守られようと地震が起きることに変わりはありません。

文治地震は平家滅亡後の京の都や畿内に甚大な被害を及ぼし、平家に代わって源頼朝を担いだ鎌倉武士団が復旧に担い手となります。

平家という巨大権力が滅亡し、治安が悪化して復旧活動も進まなかった被災地域でしたが、後白河法皇の許可を得て置かれた守護・地頭によって改善されてゆきました。

そんな鎌倉を襲った大地震、そして鎌倉時代を象徴する、「鎌倉永仁地震」を紹介致します。

鎌倉幕府成立以来、鎌倉は三度大きな地震に襲われました。仁治2年(1241)推定マグニチュード7の地震が発生、津波が由比ガ浜を襲います。次に正嘉元年(1257)推定マグニチュード7.5の内陸地震が起き、鎌倉ばかりか南関東に大きな被害をもたらしました。そして永仁鎌倉地震です。正応6年(1293)4月13日、新暦では5月27日、推定マグニチュード8の巨大地震が鎌倉を直撃しました。

元禄関東大地震や関東大震災と同じく相模トラフのプレート型の巨大地震と推察されています。

鎌倉を代表する寺院、建長寺をはじめ多くの建物が倒壊し、2万3,000人を超す死者が出たと記録されました。


永仁鎌倉地震を鎌倉時代を象徴する地震と記しましたのは、地震の規模と被害状況が最大だからという理由だけではありません。

この地震をきっかけに政変が起きたからです。鎌倉は御家人たちによる権力闘争、政変に明け暮れました。永仁鎌倉地震は権謀の都、鎌倉を象徴する災害なのです。


陰謀を巡らし政敵を陥れて葬り去る、平安貴族が得意としていました。

言っていることと腹の中は別、親切面をして陰で足を引っ張る、いかにもお公家さんらしい処世術です。

お公家さんとは正反対、正々堂々と武力で勝負を決するのが武家というイメージがあると思います。

源平合戦の頃、名のある武士は馬上で名乗りを挙げ、先祖代々の武功を語り、「いざ、尋常に勝負、勝負!」と一騎討ちを挑み、敵もそれに応じました。

最後の武家の世である江戸時代にあって、鎌倉武士は武士の鑑とされていました。

勇壮華麗な大鎧という外観に加え、潔い一騎討ちこそ武士のあるべき姿だと憧れを抱いたのでしょう。天下泰平、戦とは無縁の時代を生きた江戸時代の武士は軍記物の草双紙や錦絵、人形浄瑠璃、歌舞伎などで源平合戦を見聞きし、そこに武士の理想像を見たに違いありません。

まぐまぐニュースより引用https://www.mag2.com/p/news/538808


昔も今も変わらず地震は起きますが、それがきっかけ(その時の政府の対応など)で政権を揺るがす、というのも変わらないのでしょうね。

この時代よりも耐震や防災が進み、被害を抑えれらることももちろんありますが、この時代にはなかったまた新たな被害もありますよね。

自分でできる防災をやっていきましょう。

♢♦大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険