保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

blog スタッフブログ

異常震域とは??

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。

昨日、三重県を震源とした地震がありました。

三重県南東沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因(ウェザーニュース) – Yahoo!ニュース

でもこの地震は、震源地の三重県ではあまり揺れず、太平洋側の東北や関東で揺れが観測されました。

どうして、、、?と思いましたが、今回の地震は非常に深い所で発生する「深発地震」と呼ばれるもので、震源から遠方が揺れるのは、「異常震域」という現象のようです。

聞きなれない、この異常震域とはなんでしょうか?ちょっと調べてみました。


異常震域とは➡一般的に、地震の揺れは震源に近い場所ほど強く、震源から遠い場所ほど弱くなります。しかし、
深い場所で発生する地震(深発地震)では、震源に近い場所より遠く離れた太平洋側の場所の方が強く揺れる場合があります。
深発地震が発生すると、震源に近い真上には、地震波が減衰しやすい領域を通るために揺れが弱まって伝わる一方で、太平洋側には、地震波が減衰しにくい海洋プレートを通るために揺れがあまり弱まらずに伝わります。その結果、震源に近い場所よりも遠く離れた太平洋側で震度が大きくなり、このことを「異常震域」と呼びます。


「異常」とありますが、特に異常な地震というわけではなく、時々ある地震の現象のひとつのようです。


震源が遠いからと言って、大丈夫というわけではないんですね。
また改めて身の回りの「防災」を見直してみましょう。

♢♦大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

関連記事

  • 新型コロナ患者の対応率先、自衛隊中央病院とは

  • 最大300万円の補助!「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集が開始

  • 冬の夜の地震対策、トランクルームを防災倉庫に

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

AIG損保の実費補償型の医療保険の特長・実費補償型医療保険オーナーズプレミアムプランについて説明動画をご覧になりたい方はこちらから。

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険