関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

道路交通法改正

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。 

今年4月1日に道路交通法が一部改正されたのはご存じでしょうか?
これまでもちょくちょく改正されていますが、今回の改正は個人運転者向けというより、事業者に大きく関係する改正となっています。


これまでの道路交通法では、安全運転管理者を選任している事業者に対し、ドライバーの飲酒チェックや体調管理を求めていますが、具体的な方法は明記されていませんでした。


道路交通法改正の内容が以下です⇩

2022年4月1日以降、企業の安全運転管理者に次の義務が追加されることになります。


①運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること。   
②酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること。
・確認者名、運転者
・運転者の業務に係る自動車の自動車登録番号又は識別できる記号、番号等
・確認の日時、確認の方法
・酒気帯びの有無
・指示事項、その他必要な事項

 また「目視等で確認」とは、運転者の顔色、呼気の臭い、応答の声の調子等で確認することとなっている。


2022年10月1日以降、上記①②に加えて③④の確認も必要になります。
③アルコール検知器を用いて運転者の酒気帯びの有無の確認を行うこと。                 
④アルコール検知器を常時有効に保持すること。


社内での対応事項としては⇩

「点呼と酒気帯びの有無の確認の実施」・・・社用車の利用頻度や運転者の勤務体制に合わせ、対面非対面のいずれも対応できる体制が必要です。

「記録保存」・・・電子媒体もしくは紙媒体による保存方法の検討や、運転前後の飲酒状況や酒気帯びの有無など、チェック項目が必要です。

「正常に機能するアルコール検知器の保持」・・・アルコール検知器の設定、設置場所、検知器の数、定期的なメンテナンスの計画なども必要です。



具体的な罰則については現時点で定められていません。

しかし、違反したことにより「安全運転管理者の解任」処分が課せられることなどが考えられます。

その場合新たな安全運転管理者の選任まで時間を要しますし、書類を警察署を経由して公安委員会に届けなければならないので、それまで実質的に自動車を使用する業務が滞るおそれがあります。


安全運転管理者の負担が増える可能性が大ですが、しっかり対応していきたいですね。


弊社お取り扱いのAIG損保では、日報&アルコールチェック記録アプリをご紹介しています。(自動車保険ご契約者様は月額利用料無料です)

運行管理が効率化できるアプリですので、ご興味があればぜひお問い合わせください☺

♢♦大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険