関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

もし地震が起きたら、お金はどこにどれだけ用意しておく?

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。
今急速にキャッシュレス化が進んでいますが、災害時は現金が必要になることも考えて、用意しておくことも必要かもしれませんね。


● 日々使うお金とは別に「現金」を一人3万円用意

もし、地震などの自然災害に被災したら、被災後にすぐに必要になるのが現金です。  
急速にキャッシュレス化が進む昨今ですが、停電などでカードリーダーが使えなくなるなど、システムがダウンする可能性があります。  

皆さんの中には、災害直後に銀行や郵便局でお金を引き出すために長蛇の列に並んだり、その様子をテレビでご覧になったりしたことがある方もいるのではないでしょうか。  一人3万円を目安に用意しておけば、時間を無駄にせず、生活再建にすぐ取り掛かることができます。  

その時注意したいのは、1万円札で持たないこと。被災経験のある方に話を聞くと、お釣りを用意できない店が多いとのことです。できれば、1000円札×20枚、100円硬貨×100枚(もちろん500円玉を混ぜてもOK)などで用意しておきましょう。
日々使うお金と別にして、空き巣に入られても見つからない場所に保管しておくと安心です。  

また、避難所に行く場合は、保険証書やキャッシュカード、通帳などお金に関する書類も大切です。万が一自宅が被害にあった場合、いち早く保険の手続きを取ることが、これからの生活を見据えることにつながります。災害後は臨時の銀行窓口が特設され、通帳がなくてもお金を引き出すこともできたりします。  

でも、被害が大きければ大きいほど、すぐにお金が必要になります。私の経験上、大阪のATMではお金が下ろせなくても、すぐ隣の兵庫では下ろせたことがありました。キャッシュカードだけでも手元に置いておきましょう。ちなみに災害時に印鑑は必要ありません。
防犯上のことも考え、印鑑は別のところに保管しておきましょう。  

補償内容や誰がどの保険に入っているかを把握するため、日頃からマネーボックスを作り(本書を参照)、年末調整や確定申告の時期など年に一度は見直すようにします。非常時はボックスごとスーツケースに入れて持ち出しましょう。

Yahoo!ニュースより引用https://news.yahoo.co.jp/articles/5bb04edb8b6407098b7995abf8b6c5121eac693d

♦♢大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♢♦

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険