関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/4/3

日本海溝に設置 150地震計 すべての利用始まる 予測向上に期待

Ray of light

こんにちは。㈱Ray of lightの木村です。これはいいニュースです!緊急地震速報が10秒早くなるのはだいぶ大きいですよね。

東日本大震災をもたらした9年前の巨大地震を教訓に、日本海溝沿いの海底で設置が進められてきた150の地震計のデータすべてが気象庁の観測に反映されることになりました。いち早い緊急地震速報の発表や津波の予測精度の向上につながると期待されています。

日本海溝沿いの海底で発生した9年前の巨大地震では、「地上」にある地震計の観測データをもとに当初解析した地震や津波の予測などに課題が残りました。これを教訓に防災科学技術研究所は、「海底」でも地震を捉えようと北海道沖から千葉県沖にかけての日本海溝沿いの海底150か所に地震計の設置を進めてきました。気象庁は、このうち日本海溝の西側にある125の地震計のデータを去年6月から観測に利用してきましたが、今月24日からは残っていた東側の25の地震計のデータについても利用できるようになりました。

これで、9年前の東日本大震災を教訓に日本海溝に設置されたすべての海底地震計のデータが観測に反映されることになりました。いち早く震源や深さを把握できるようになり、日本海溝の東側の海底で発生する地震の場合は、緊急地震速報の発表が現在よりも最大で10秒早くなる見込みだということです。

また、海底地震計には水圧を測る機器もつけられていて津波の予測精度の向上も期待されています。

NHKオンラインより引用https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200326/k10012350441000.html

関連記事

Ray of light

「災害対応型」のコインランドリー全国展開へ

2020/3/16

Ray of light

緊急地震速報・仕組みと課題 多くの命を守るため日々改良

2020/4/27

Ray of light

気象庁 組織を再編 防災対応強化へ

2020/4/16

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール