関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/2/3

南海トラフ地震4万年に200回

Ray of light

地震の解明から、予測につながることを願います。

遠州灘調査、マグニチュード8級

近い将来の発生が懸念されている南海トラフ巨大地震を巡り、海洋研究開発機構などのチームは29日、静岡県西部沖(遠州灘)の海底掘削調査で過去4万~5万年間に平均200年置きで巨大地震が起きた可能性を示す地層を採取したと発表した。マグニチュード(M)8級の巨大地震が繰り返したとみている。

「タービダイト」という地層で、地震などによって海底の土砂が巻き上げられて再び積もってできた砂などの層。5万~4万年前以降で、地震200回分に当たる約200枚を確かめた。

海洋機構の金松敏也上席技術研究員は「非常に貴重な記録だ。地震の規模、間隔を解明したい」としている。

共同通信オンラインより引用https://this.kiji.is/595226753141916769?c=40245355334500353

関連記事

週刊地震情報 2020.9.27

2020/9/28

Ray of light

地震・水害 その時あなたは? コロナ時代 防災意識も変革を

2020/5/11

Ray of light

想定最大規模の津波でも「漂流可能性は非常に低い」 兵庫・淡路島の人工浮島

2020/2/25

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール