関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

南海トラフ推計死者7万人減効果 静岡県の地震・津波対策

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。
日頃の防災対策でこのような試算が出ているんですね。
今後も続けていかないといけないですね。


静岡県は2日、南海トラフ巨大地震を見据えて2013年度に策定した「地震・津波対策アクションプログラム」の進捗(しんちょく)状況を公表した。当初最大で10万5千人と推計した犠牲者数は、19年度末現在、その約7割に当たる7万2千人を減らし、3万3千人に抑えたとした。

最終目標の22年度末には、さらに1万3千人を減らし2万人にとどめることを目指す。  

2年前に進捗を公表した時点では、推計した犠牲者の削減数は3万9200人。7万2千人まで削減数を伸ばせたのは、浜松市で防潮堤が完成したほか、県内各地で津波避難施設が増加し、住宅の耐震化が進んだ効果も大きいという。

 県によると、同プログラムでは187項目の地震、津波対策を推進していて、98%に当たる183項目で目標達成や計画の前倒しが実現している。

一方、ブロック塀の倒壊対策や防災人材の活用など4項目で進捗が遅れている。  

19年度末現在の推計犠牲者数3万3千人の内訳は、建物の倒壊や火災6200人、津波2万7千人、山崩れ・崖崩れ191人。県の太田博文危機管理監代理は「総仕上げの時期に入る。防災意識の向上で犠牲者がさらに減らせる部分もあるので、そうした対策も強化する」と話した。

Yahoo!ニュースより引用https://news.yahoo.co.jp/articles/de23fbf088e69bc125a9327fcc49fb1c04a52c67


♢♦大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険