関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

もしもの時にあると安心の備蓄品12選

こんにちは。株式会社Ray of lightの木村です。

今回も防災お役立ち情報です。シンプルなリストがわかりやすいですね。
コロナで避難所の感染リスクも指摘されている近頃、企業や家庭での備蓄がますます大切になっています。
地震が起きてから、では遅いです。

ここ最近、各地で地震が多発している。ステイホームの最中に頻発する揺れに危機感を募らせている人も多いに違いない。

では、いざというときのために、自宅にあれば安心なものとは何なのだろうか?

そこで今回、アートやデザインなどのクリエイティビティを導入した防災教材の開発や防災訓練を実施し、幅広い世代に防災の知恵や技を普及している「NPO法人プラス・アーツ」の石田有香さんが提案する、実際に台風や地震で被災された方々の意見も参考にした必要な備蓄品を紹介していく。

自宅に備えておきたい基本の備蓄品【12品】

災害発生時は電気やガス、水道などのライフラインがストップするため、非日常の生活がはじまる。たとえ避難所へ行けたとしても収容人数の上限や、プライバシー、衛生上の問題もあり、災害直後は流通に被害が出て、被災者数も多いため、食料をはじめとした物資がなかなか届かないということも想定される。

最近は感染症対策の観点からも、自宅の安全が確認できている場合はできるだけ自宅で生活するという「在宅避難」が内閣府からも推奨されている。

自宅に置いておく備蓄品として、プラス・アーツが推奨しているしているのは下記の12品だ。

1.ポリ袋(45L程の大きなもの、キッチン用の小さいポリ袋それぞれあると便利) 2.新聞紙 3.体拭きウェットタオル 4.ラップ 5.カセットコンロ・ボンベ 6.クーラーボックス 7.携帯ラジオ 8.非常食 9.水 10.携帯トイレ 11.LEDランタン(ヘッドライト) 12.口腔ケアウェットティッシュ

ローリングストックとは、日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に家庭に新しい非常食を備蓄する方法のこと。普段から冷蔵庫や食料棚のストックを少し多めにキープしておいたり、ローリングストックを取り入れていると便利かもしれない。

@DIMEより引用https://dime.jp/genre/926861/

♦♢大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ。♢♦

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険