関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2020/6/5

熊本市が「保健避難所」開設へ 災害発生時、濃厚接触者ら対象に

Ray of light

こんにちは。㈱Rayoflightの木村です。
前回に引き続き、コロナを経験したからこそ検討されたことの事例だと思います。災害は今日起こるかもしれません。今日起こった場合どうするか、を考え迅速に対応してもらいたいと思います。

災害避難時の新型コロナウイルスの感染防止のため、熊本市は27日、感染後に陰性が確認されて退院した人や濃厚接触者が避難する専用の「保健避難所」を市内全5区に開設すると発表した。

記者会見した大西一史市長は「(2016年4月の)熊本地震では、避難所でのインフルエンザや感染性胃腸炎などの対策が課題になった。これらを踏まえて考えたので、(他の自治体などの)参考になれば」と話した。  

保健避難所は、退院から4週間以内か、感染者との濃厚接触から2週間以内で、健康観察中の人が対象。感染者は指定医療機関で対応する。  公共施設を使用して各区に1カ所設け、合計数十人の収容を想定。足りない場合は、広域の保健避難所を2カ所設け市全体の収容規模を100人程度にまで増やす。さらに必要な場合はホテルや旅館の活用も検討する。  保健避難所の対象者のうち、自宅で安全確保できる人はそのまま待機してもらうが、希望者には保健所職員が避難所の場所を知らせる。避難所では、利用者同士が接触しないように配慮し、保健師が常駐・巡回して運営する。  

大西市長は「国は指定避難所のスペースを広げるよう求めているが、健康観察中の人を同じ空間の中に置くと感染リスクが高まる。保健避難所として独立させた方が、避難する人も安心する」と強調した。

Yahoo!ニュース(毎日新聞)より引用https://news.yahoo.co.jp/articles/2d751a0c7b9915f765000d247f3402a0bf74a88c

関連記事

Ray of light

避難施設の入退館をQRコードで把握–防災をデジタル化する実証実験

2021/2/5

Ray of light

「災害対応型」のコインランドリー全国展開へ

2020/3/16

Ray of light

災害時の車中泊「場所、十分確保」5市のみ 対策遅れ浮き彫り

2021/4/14

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール