関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

緊急地震速報が携帯・スマホに通知される条件は

こんにちは。㈱Rayoflightの木村です。
最近関東の方は緊急地震速報を聞くことが多いようで心配です。あの音はドキっとしますよね。
緊急地震速報について正しく知り、たとえ数秒前であったとしても身を守る行動をとれるようにしたいです。

2020年5月19日(火)13時13分頃、岐阜県飛騨地方を震源とする最大震度4の地震がありました。この地震による津波の心配はありません。

 この地震について、気象庁は緊急地震速報を発表しています。携帯電話やスマホでエリアメール等の緊急地震速報の通知を受け取って驚いた方も多いかと思います。
緊急地震速報が鳴る条件を解説します。

 緊急地震速報は、最初に地震の揺れが観測された直後に各地の揺れの到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせる仕組みのことです。地震発生を予知しているわけではないため、震源に近いところでは速報が間に合いませんが、震源から離れた場所では強い揺れが到達する前に身構えることが可能になります。ただ、あくまで予測であるため、誤差が生じます。

 一方、震度速報は地震の発生から約1分半後に発表される情報で、実際に観測された震度の情報を示しています。一般に地震情報と呼ばれるのは、この震度速報以降に発表される各情報のことをさします。

最大予測震度が5弱以上の場合に発表

 
 携帯電話やスマホに緊急地震速報の通知が出るのは、エリアメールや緊急速報メールという、携帯電話会社(通信キャリア)のサービスです。気象庁が緊急地震速報(警報)を発表した地域内にある端末に向けて、一斉に通知が発信されます。

 緊急地震速報(警報)の発表される条件は、「最大震度が5弱以上と予想される地震」において、「震度4以上が予想される地域」が発表されることになっています。(他にも詳細条件あり)

 今回の地震では、
  ・岐阜県飛騨で震度5弱から5強程度
  ・長野県中部、長野県北部、富山県東部、長野県南部、富山県西部、石川県加賀で震度4程度
  ・岐阜県美濃東部で震度3から4程度
の揺れが予想されたため、これらの地域で携帯やスマホが鳴動したというわけです。

 実際観測された震度は、最大で震度4でした。


もう一種類の緊急地震速報

 
 携帯電話会社が発信するエリアメールや緊急速報メールとは別に、緊急地震速報の通知を受け取るサービスもあります。緊急地震速報利用者協議会のサイトから各事業者のサービスを確認可能です。

 これらは気象庁が発表する緊急地震速報(予報)という情報を元にしています。緊急地震速報(警報)の基準よりも小さい揺れであっても発表され、より詳細な情報を確認することが可能ですが、1つの地震について精度の低いうちから数回(5~10回程度)情報が更新されるなど、利用に際してはその特性の理解が必要といえます。

Yahoo!ニュース(ウエザーニュース)より引用https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00015255-weather-soci

♢♦大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険