関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

いつ終わるか誰にも分からない。でも、いつかは終わる。それまでは――

この度の新型コロナウィルス感染拡大に伴い、コロナウィルスに感染された方及び、事業活動に影響が出ている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

こんにちは。㈱Rayoflightの木村です。熊本地震本震から丸4年経ちました。

熊本地震は、観測史上初めて震度7を2回観測したことが大きく報じられた。人々の記憶の中にも、この数字は強く残っている。しかし、最大震度5弱以上の揺れを、4月14~19日で20回観測したことを覚えている人は少ない。この間、緊急地震速報は県内で17回発出されており、私が公園に避難している最中も、周囲でスマートフォンがけたたましく鳴っていたことを覚えている。その後も余震は続き、震度1以上の余震はこれまでに4000回以上発生している。

現在の日本の雰囲気は、2016年4月14日に発生した、熊本地震の「前震」の翌日とよく似ている。その日、誰もが自宅や職場の片付けに追われていた。当時執筆した記事を見返すと、「冗談を言う余裕があった」と記されている。大きな被害は局所的なもので、建物被害もまだそれほど多くはなかった。マスコミにとっては地震の被害を伝えられる「画(え)」は少なく、テレビでは被害があった同じ建物ばかりを中継していた。

16日午前1時25分。片付けで疲れ果て、ようやく就寝した人々を襲ったのが「本震」だった。本震からしばらくは仕事どころではなかったので、炊き出しをしたり、避難所に身を寄せる人々の心理面のケアにあたったりしていた。夜は公立中学校に設けられた避難所で過ごしたが、「大きな地震がまた起こる」など真偽不明の情報が避難所で出回っており、だんだんと神経がすり減っていった。

数日後に自宅に戻ってからも、余震は一向に収まる気配を見せなかった。震度が大きくても小さくても、地震の初期微動があるため、揺れている最中に「ここから大きくなるのでは」と極度の不安に襲われる。そのまま収まったり、そこから揺れが大きくなったりするのだが、たとえ震度1でも毎回心臓がつかまれるような感覚に襲われた

熊本地震から1年後の2017年4月16日に私が投稿した記事には、「今も時折発生する小さな揺れのたびに、心臓がつかまれるような感覚に襲われ、心拍数が急激に上がる」と書いてある。気象庁がまとめた表で確認すると、確かにその頃も余震が続いている。それほどまでに長く続いていたことに驚く。

ネガティブな情報がまん延し、かつ心が一時も休まらない。そして、終わりが見えない。その意味で、今の新型コロナの状況は、当時とよく似ていると感じる。

震度3程度の余震が発生するたびに、ショックを受ける。「余震はいつ収束するのだろう」と考える。しばらくすると「さすがにもう大丈夫だ」と思い、そしてまた震度3程度の余震が起きて、失望する。発災からしばらくの間は、この流れを繰り返していた。

そんなことが続くと、「このまま永遠に余震が続くのではないか」「また大きな地震が発生するのではないか」などと本気で考えるようになる。当時、私たちのストレスは相当なものだった。事態が好転したからといって、気を抜いているとどん底に突き落とされる。ある時を境に「余震はしばらく起こる。でも、いつかは終わる。余震と上手に付き合っていこう」と考えるようになった。マインドセットを変えてからは、ある程度の耐性がついたようにも思う。
そうやって生活していたら、いつの間にか余震はほぼ収まっていた。周囲を見渡すと、復興も着実に進んでいる。

最近の報道は「いつか終わる。でも、いつ終わるか誰にも分からない」のように、不安をかき立てるものが多い。これを「いつ終わるか誰にも分からない。でも、いつかは終わる。それまでは上手に付き合っていこう」と書き換えてみる。新型コロナはいつ収束するか誰にも分からず、油断も厳禁だが、今の状況に適応する形で生活を続けていく。そうすればいつの間にか収まっている。熊本地震を経験した自分に、日々そう言い聞かせている。

Yahoo!ニュースより引用https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakashinji/20200416-00173635/

着実に復興が進んでいる熊本のように、いつかは終わる、だから今できることを前向きに。読んだ後、そう思わせてくれる記事でした。頑張りましょう。

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険