保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

blog スタッフブログ

ゲリラ豪雨に注意を!

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。

ゲリラ豪雨という言葉を口にするようになったのは、ここ10年程度なような気がします。

やはり温暖化により、日本も亜熱帯のような気候になってきているのでしょうか。。。


ゲリラ豪雨について少し調べてみますと👇

ゲリラ豪雨は、局地的に短時間で降る激しい豪雨のことです。

ゲリラ豪雨は規模が小さく、突発的かつ散発的に起こるため、事前に予測することが難しいといわれています。

ゲリラ豪雨は、一時的なことが特徴なので、長くても1時間程度しか続きません。都市部のヒートアイランド現象がゲリラ豪雨を発生しやすくすることが指摘されています。

tenki.jpより引用


(ゲリラ豪雨という言葉が軍事的なものを連想させて不適切だ、と批判的な意見もあり、「局地的大雨」や「集中豪雨」という言い方をする場合もあるそうです)

ゲリラ豪雨をもたらす発達した積乱雲は、ゲリラ豪雨のほか、竜巻やダウンバーストなどの突風や雷、ひょうなどの激しい気象現象を引き起こすことがあります。ゲリラ豪雨は短時間に大量の雨が降るので、中小河川の急な増水や氾濫、低地やアンダーパスの冠水、地下街の浸水などの水害が起きます。

また、河川の上流でゲリラ豪雨があった場合、自分がいる地域で雨が降っていなくても、川の水位が急激に上昇することがあるので、河原などで遊んでいる場合には注意が必要です。

tenki.jpより引用


ついさっきまで晴れていたのに、急に降り出し、あっという間に大雨になるというのは、この夏だけでも何度も経験しています。

天気予報もなかなか予測はできないようですが、私個人的には、空が急に暗くなってきたり、冷たい風が吹いてきたりしたら「来るかも?!」と気を付けるようにしています。

上にもあるように、特に水辺のレジャーの際には、お天気の変化に気を付けたいですね。


ゲリラ豪雨などの災害でもお支払いの対象になる保険もお取り扱いしておりますので、ぜひご相談ください。

♦大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

AIG損保の実費補償型の医療保険の特長・実費補償型医療保険オーナーズプレミアムプランについて説明動画をご覧になりたい方はこちらから。

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険