関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門・総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

blog スタッフブログ

2021年の梅雨情報梅雨明けも早い予想 東海以西は雨量多く

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。

昨日から今朝にかけて、大阪はすごい雨でした。

今年は梅雨入りがとても早く、降水量が増える可能性があるそうで、河川の氾濫や土砂災害も心配です。事前にもしもの際の行動を再確認しておきたいですね。

今日5月21日(金)、ウェザーニュースは2021年の梅雨の見通しを発表しました。

今年は全国的に、梅雨入り・梅雨明けの時期がともに「平年より早い」予想です。梅雨期間の雨量は、関東では「平年並み」、東海以西では「平年並みか多い」傾向になる可能性があります。

冬の訪れ、春の訪れが早かったのに続き、梅雨の訪れ、夏の訪れも早くなるかもしれません。

梅雨入りの時期と梅雨明けの時期は、全国的に平年より早くなる可能性があります。

今日5月21日(金)までに、沖縄・奄美と九州〜東海の各地が梅雨入りしています。このうち、近畿地方・四国地方では統計史上最も早い梅雨入りとなり、東海地方・中国地方・九州北部地方・九州南部では統計史上2番目に早い梅雨入りでした。

この記録的に早かった梅雨入りの影響で、東海以西では梅雨の期間が平年よりも長くなることが予想されます。

一方、まだ梅雨入りしていない関東甲信や北陸、東北各地では、梅雨の期間が平年並みか平年よりも短くなる可能性があります。また、沖縄、奄美でも平年より短くなる予想です。

各地の梅雨明けは、沖縄や奄美が6月中旬頃、九州〜関東甲信にかけてが7月上旬頃、北陸と東北では7月中旬頃の予想です。

梅雨期間降水量は、九州〜東海の各地と東北北部では平年並みか平年より多くなる予想です。関東甲信や北陸、東北南部ではほぼ平年並みになるとみられます。

東日本や西日本では6月中旬〜下旬に、東北や北陸では6月下旬〜7月上旬に、それぞれ梅雨前線が活発化して降水量が多くなる予想で、大雨に警戒が必要です。

一方、沖縄や奄美では、梅雨の期間中も平年より前線が北に位置する日が多く、大雨になることはあるものの、期間降水量は平年より少なくなる可能性が高くなっています。梅雨明けも早い予想のため、夏場の水不足等が懸念されます。

ウエザーニュースより引用https://weathernews.jp/s/topics/202105/190235/

♦大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦

関連記事

総合事業者保険

業務災害、雇用リスク、賠償責任、財産の分野を、一つの保険契約で備えます

法人用 自動車保険

24時間365日、深夜・休日の事故にも、保険会社の損害サービス専門スタッフが対応

事例を見る

製造業様の実際にあった事例を、リスク回避のご参考にお役立てください

よくある質問

個室に入れる入院プラン

詳しくお聞きになりたい方は直接お電話くださいご自身でお見積り・お申し込み手続きされたい方は上記バナーから。

国内・海外旅行保険

国内旅行傷病保険 国内旅行傷病保険