関西で保険の見直しをご検討中の製造業専門-総合保険代理店

対応エリア:大阪府全域・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県

お電話でお問い合わせ

06-6467-4860
9:00~17:00/月~金曜日

株式会社Ray of light

株式会社Ray of light

blogスタッフブログ

2021/5/7

走行中に大地震に遭遇…避難する際に車内から持ち出すべきものとは

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。車中で災害に遭った時のために覚えておきたいことをご紹介します。

車内にキーを残しても、車検証を持って避難すればもしものときに安心。最近はスマートキーが多いため、うっかり身につけたまま避難するとクルマを動かせなくなるので注意が必要だ

ここ最近も地震が頻発しているが、大地震が起きたときの道路上での対応は、「大規模地震対策特別措置法」や「災害対策基本法第76条」の6第3項に、災害時における車両の移動等として規定されている。

ここでは駐車車両が緊急通行車両の通行を妨害し災害応急対策に支障が生じるおそれがある場合に必要な措置をとれることが明記されていて、移動のほか、大規模火災で駐車車両が延焼の要因となる場合にはやむをえない限度で破損が許される。

災害対策基本法では、その際に被った経済上の損失…例えばドアロック解除やサイドブレーキを外すために割ったガラスの修理代や車両の変形の修理代などを、国または地方自治外が補償しなければならないとしている。

津波や火災などで愛車を置いて避難しなければならないときは、駐車はなるべく道路外へ。それが無理なら左側に寄せてエンジンを止める。キーは付けた(車内に置いた)ままとし、延焼防止のため窓とドアはきっちり閉める。ドアロックはしない。盗難の心配もあるが、非常時には命を守る行動を優先すべきだ。

このとき車検証は必ず持って避難したい。盗難に遭った際に転売を防ぐことができ、クルマが津波などで流されて行方不明になっても抹消登録が簡単にできる。また、避難のため駐車したクルマを盗まれて事故を起こされたとしても、所有者の注意義務違反には当たらない。

〈文=丸山 誠〉

ドライバーWebより引用https://driver-web.jp/articles/detail/38864

♢大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♢

関連記事

今年値上がりの地震保険、加入は必要?

2021/5/19

Ray of light

「南海トラフ地震とは異なる」和歌山で震度5弱

2021/3/16

Ray of light

最大300万円の補助!「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の募集が開始

2021/4/28

よくあるご質問
- 勧誘方針 -
- プライバシーポリシー -
メール
LINE公式アカウント
メール