大阪での企業向け地震保険をお探しなら - 株式会社 Ray of light(株式会社レイオブライト)

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付) 電話でのお問い合わせ:06-6539-0100(9:00〜17:00 土日祝除く)

スタッフブログ

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 週刊地震情報 2021.3.21 20日(土)宮城県沖でM6.9 広い範囲で震度5強の強い揺れ

週刊地震情報 2021.3.21 20日(土)宮城県沖でM6.9 広い範囲で震度5強の強い揺れ2021.3.23

Ray of light

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。

2021.3.21付の週刊地震情報です。


この1週間で、国内で観測された地震回数は前週よりも多い水準です。関東から東北の太平洋側と九州で地震が目立ちました。震度3以上の地震は7回発生しています。(3月15日~21日10時の集計)

国内:宮城県沖でM6.9 一時津波注意報が発表も潮位変動はなし



20日(土)18時09分頃、宮城県沖を震源とするマグニチュード6.9、深さ約59kmと推定される地震が発生しました。この地震により仙台市、石巻市、岩沼市、登米市、東松島市、大崎市など宮城県内の広い範囲で最大震度5強、岩手県大船渡市や一関市、福島県相馬市や田村市、南相馬市などで震度5弱を観測しています。

地震のメカニズムは西北西ー東南東方向に圧力軸をもつ逆断層型と解析され、太平洋プレートが沈み込む動きによって発生した地震と見られます。

気象庁は一時、宮城県を対象に津波注意報を発表しましたが、目立った潮位変動はなく、発表から約1時間20分後に注意報を解除しました。2月に発生した福島県沖(マグニチュード7.3)の地震と同様、2011年3月の東日本大震災をもたらした巨大地震の余震活動の一つと考えられます。

政府の地震調査研究推進本部は今後30年以内に宮城県沖でマグニチュード7.9程度のプレート間地震の発生確率を20%程度、今回の規模に近い、マグニチュード7.0~7.5のひと回り小さいプレート間地震の発生確率を90%程度としています。今年に入り東北の沿岸部は地震が多くなっていますので、今回の地震をきっかけに改めて地震対策について、確認を行うようにしてください。

国内:和歌山県で震度5弱 10年ぶりの強い揺れ


15日(月)0時26分頃、和歌山県北部を震源とするマグニチュード4.6、深さ約4kmと推定される地震が発生しました。この地震により和歌山県湯浅町で最大震度5弱、広川町と有田川町で震度4、海南市や有田市、御坊市などで震度3を観測しています。地震のメカニズムは北西ー南東方向に圧力軸をもつ逆断層型と解析されています。

地震発生から約30分後の15日(月)0時59分と、11時37分頃に最大震度3の余震とみられる地震が発生しましたが、その後は活動が落ち着いている状況です。

和歌山県では今年2月15日に和歌山市の直下を震源とするマグニチュード4.0、深さ約4kmの地震が発生し、最大震度4を観測しました。今回の震源は南に30kmほど離れているため、直接的な関連はないと考えられます。

今回の震源付近では2011年7月にマグニチュード5.5の地震が起きており、この時は広川町などで最大震度5強、近畿から中国・四国にかけての広い範囲で震度3を観測しました。地震のメカニズムも似通っており、同じタイプの地震です。

和歌山県北部は従来から地震活動が活発な地域で、マグニチュード4~5クラスの地震がたびたび発生しています。震源の深さが数km程度と、ごく浅い所で起きるのが特徴で、局地的ではあるものの地上の揺れが大きくなり、被害を発生させることがあります。

ウエザーニュースより引用https://weathernews.jp/s/topics/202103/200255/

♦♢大阪で企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♢♦

株式会社Ray of lightは大阪エヴェッサを応援しています!