大阪での企業向け地震保険をお探しなら - 株式会社 Ray of light(株式会社レイオブライト)

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付) 電話でのお問い合わせ:06-6539-0100(9:00〜17:00 土日祝除く)

スタッフブログ

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 週刊地震情報 2020.10.11

週刊地震情報 2020.10.112020.10.12

Ray of light

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。
2020.10.11の週刊地震情報です。

国内:熊本で最大震度3 熊本地震の活動エリア

7日(水)9時34分頃、熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード3.5、深さ約10kmと推定される地震が発生しました。この地震で熊本市と宇城市で最大震度3を観測しています。

この地震は2016年に発生した熊本地震の活動エリアと見られます。熊本地震からはすでに4年半が経過しているものの、熊本県熊本地方の地震回数は、熊本地震以前に比べると多く、今年に入ってから、震度3以上の地震は4回起きています。(そのうち1回は2019年に和水町で震度6弱を観測したの地震の活動域)

被害につながるような規模の地震こそないものの、影響の大きさが伺いしれます。

国内:岩手県沿岸でM4.7 震度3を観測

6日(火)15時27分頃、岩手県沿岸南部を震源とするマグニチュード4.7、深さ約94kmと推定される地震が発生しました。この地震で岩手県大船渡市や青森県階上町で震度3、東北太平洋側を中心とする広い範囲で震度2の揺れを観測しています。

地震のメカニズムは北西ー南東方向に張力軸をもつ正断層型と解析されています。プレートが潜り込む境界面に近いエリアではありますが、メカニズムからプレート内が破壊された地震と見られます。

岩手県沿岸の深さ100km前後では時々マグニチュード5前後の地震が発生しており、2008年7月24日には、マグニチュード6.8の大きな地震が起きました。今回の地震に比べると震央が陸地側だったため、最大震度6弱、青森県から宮城県にかけての広い範囲で震度5弱以上の揺れに見舞われています。

大きな被害をもたらした、岩手・宮城内陸地震のわずか1か月後だったものの、メカニズムが全く違い、関連性は小さいと考えられています。


ウエザーニュースより引用https://weathernews.jp/s/topics/202010/110115/

♢♦大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♦♢

株式会社Ray of lightは大阪エヴェッサを応援しています!