大阪での企業向け地震保険をお探しなら - 株式会社 Ray of light(株式会社レイオブライト)

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付) 電話でのお問い合わせ:06-6539-0100(9:00〜17:00 土日祝除く)

スタッフブログ

  1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 地震に強いオフィスをつくる~会社での避難生活の「必携アイテム」とは? 3日間社内で過ごすために

地震に強いオフィスをつくる~会社での避難生活の「必携アイテム」とは? 3日間社内で過ごすために2020.11.20

地震に強いオフィスをつくる~会社での避難生活の「必携アイテム」とは? 3日間社内で過ごすために

こんにちは。株式会社Rayoflightの木村です。
自宅よりも過ごす時間が長い会社ですし、被災時の対策が必要ですね。
参考になる記事をご紹介します。

オフィスで被災した場合、近年は、「災害時一斉帰宅の抑制」(企業が従業員を3日間職場にとどめておくこと)が推奨されている。

これは、生命のデッドラインとされる72時間の間は、道路などを救助・救出活動用にできるだけ空けておくためだ。3日間会社で過ごすには最低限何を備えておけばいいのか、また、どんなタイミングで自宅に帰るのがベターか。


生き残るには信頼できる情報と自助努力が必須


1番大切なことは死なないこと、ケガをしないこと。
次に、会社にとどまるのが可能な状況かを確認しなければなりません。
ケガをしていないか、デスクまわりの被災状況はどうかをチェック。
オフィスがあるエリアの被災状況、震源地、津波の有無などの情報を収集しましょう。リアルタイムで情報が入ってくるのは、Twitterです。

ただ、SNSは誤情報が多いのも事実。信頼できるアカウントをフォローし、デマに惑わされないようにしておくことが大切です。
気象庁、国土交通省、内閣府防災、総務省消防庁、首相官邸(災害・危機管理情報)、ウェザーニュース、自治体のアカウントなどを押さえておき、必要な情報の選別に慣れておきましょう。
社内にとどまっても安全そうな場合は、オフィスに宿泊することになります。
「3日分の備えも会社がしてくれているよね」なんて思っているなら、正直甘い。
充分な備蓄品を用意している企業はまだ少数。自分でいろいろ備えておいた方が確実です。
「オフィスでそこまでしなくても」と思うかもしれません。それは恐らく被災の現場を知らないから。

災害は、実態を知れば知るほど怖くなります。
私も未だに怖いです。だから「もっと勉強しよう」「しっかり備えよう」と対策を考える。
災害を正しく恐れることは、生き延びる上で不可欠なことです。

被災後に適切に行動するには、正確な情報の把握が必要、停電しても情報収集できるように、モバイルバッテリーは常に持ち歩くようにしたい。

会社の備品や100均で防災グッズは用意できる


「オフィスで災害に備える」とは、高価な防災セット一式を購入して、会社のロッカーに入れておくということではありません。100均の商品や社内にあるものでも充分備えることは可能です。

会社での避難生活に必要な最低限のアイテムは、大半は会社や自宅にある次の10点になります。

防災グッズは特別なものではない。ペットシーツのように意外に感じるグッズもあるかもしれないが、災害時には非常に役に立つ。


普段からデスクにお菓子を置いている人はいませんか? そのお菓子は、災害時には貴重な食料になります。
製菓メーカーのオフィス向け置き菓子サービス、ウォーターサーバーや飲み物の自動販売機があれば、会社の備蓄品として、皆で分け合うことが可能です。
ペットシーツ、新聞紙は、主にトイレのために用意しておきたいアイテム。もし地震で断水したら、一番の問題となるのは間違いなくトイレです。社員の人数に対して便器の数は少ない。
だから、あっという間に汚れることは想像に難くありません。
ペットシーツ、45Lのゴミ袋、新聞紙で写真のような災害用トイレを作り、少しでも清潔に保てるように心がけます。
布テープは常備している会社も多いはず。丈夫で粘着力が強いので、物が壊れた時の応急処置、連絡メモと、いろいろな使い道があります。

ケガをした時には、水で洗った傷口をくっつけるようにして布テープでぐるぐる巻きにすれば止血もできます。この時、清潔なガーゼや手ぬぐい、ハンカチなどがあれば傷口に当てます。無ければ布テープだけで構いません。
傷口をむき出しのままにしておく方が、感染する可能性があり危険です。
また、ティッシュペーパーは絶対に当てないでください。繊維が傷口に残るため、治療前に歯ブラシで洗って取り除くことになります。
パウダーや泡で傷口を覆うタイプの医薬品も同様です。受診しないならOK。診察・治療するのなら、布テープだけ貼ってある方が、ベリッと剥がすだけなので治療しやすいです(笑)。

また、女性は生理用品を忘れずに備えておきましょう。
好きな香りやお気に入りのマスコット人形、家族の写真のように、精神的なお守りになるものを携帯することもおすすめです。
被災すると、本当に気持ちが沈みます。怖くて、震えが止まらなくなる。
そんな時、こうしたものがあると気持ちが落ち着き、自分らしさを取り戻すきっかけになります。

気力・体力があるうちに会社を出て自宅を目指す


会社に救援物資が来ることはまずありません。
交通機関が復旧しなくても、備蓄品が底を突く前に帰宅することを考えなければなりません。時間が経つほど体力もメンタルも削られます。徒歩で移動できる体力があるうちに会社を出ましょう。

その時に携帯したい防災グッズは次の通りです。

会社から徒歩で帰宅するケースを想定して、このようなグッズを会社に常備しておきたい。

ガレキが散乱した道を少しでも安全に歩けるように、会社には常にスニーカーを置いておきましょう。徒歩で帰宅するあなたは、どの道を通ればいいのか、体力的に1日何キロ程度なら歩けるのか、知っていますか?
会社から自宅までの徒歩ルートを一度は歩いておくようにしましょう。
一気に踏破する必要はありません。

たとえば、今日はまず2駅歩く。次の機会には2駅目まで電車で移動し、そこから2駅歩くというふうにすればOK。
実際に歩くと、地図からだけではわからない階段や土地の高低差、周囲の危険物などの情報を得ることもでき、万一の時にあわてずに済みます。

自宅が遠い人は、途中で災害時帰宅支援ステーションや避難所を利用しながら帰るルートをあらかじめ考えておきます。いずれの場所も、各自治体のサイトや防災アプリなどで調べられるはず。
新型コロナウイルス感染予防のために、今は収容人数が1/3程度に抑えられています。
「ここが満員だったら、あそこ」というように、複数候補を見つけておいた方が安全です。
また、「帰ると決めたら、どんなことがあっても帰る」というのはNG!!
2016年の熊本地震のように、本震だと思っていたのが前震で、後から本震が来たり、震度5以上の余震が何度も続いたりするケースもあります。
このまま進んでいいのか迷ったら、災害時帰宅支援ステーションなどで情報を収集。
状況によっては、引き返す勇気も必要です。

マイナビニュースより引用https://news.mynavi.jp/article/bousai_tsuji-5/


♦♢大阪での企業向け地震保険は株式会社Rayoflightへ♢♦

株式会社Ray of lightは大阪エヴェッサを応援しています!